酒瓶「亀甲」

入荷待ち 363,000円(税込)

こちらの商品は公式オンラインショップでお取扱しておりません。

 お買い求めの際は島津薩摩切子直営店またはお取扱店にお問い合わせください。(リンク先→)

 

胴部は横の帯状に3段に分かれており、中央は矢来格子に魚子文がほどこされています。
その上下には蒲鉾状に窪んだ亀甲型の文様があしらわれており、この作品を象徴する文様となっています。
この構成は天璋院篤姫が入輿の際に持参されたとされる一対酒瓶にも用いられています。
オリジナルはサントリー美術館に所蔵されています。

栓は口元に載せるだけなので、飲物の保管というよりは、食卓に飲物を供するための酒瓶といえます。
亀甲文様は中央に向かって透明に窪んでいるため、レンズ効果で反対側の文様が映りこみ、まるで水玉文様のようにも見えます。
透ける素材、ガラスならではの楽しみ方のひとつです。

主な文様:亀甲文、魚子文、十六菊文

SPEC
発送日目安
在庫数 0点
次回入荷予定
カット番号
サイズ 高28.8㎝、径10.5㎝、容量500㎖