小付鉢 cut26 

49,500円(税込)
個数

薩摩切子は一般的なカットガラスよりも深く彫る必要があるため、狙い通りに曲線を描くのは難しくなります。
小付鉢は側面の二重の曲線による円形のカットが特徴的ですが、2本目を彫る際に1本目に寄りがちになるので、適度なテンションを掛けながら正確に彫る必要があります。
職人の長年の経験が必要とされる加工です。
オリジナルは尚古集成館に常設展示されています。

小付鉢は「口仕上げ」という加工を施しています。
成形の際に金型で形を整えたあと、再度炉で口元を熱して縁を溶かしていくものです。
これによって、縁に向かって次第に薄く、丸みを帯びた口元となります。手作業での工程のため、小付鉢は1点毎に大きさやフォルムが微妙に異なる、味のあるものとなります。
料理の器としてはもちろん、酒器としてもお楽しみいただける一品です。

主な文様:魚子文、菊文

SPEC
発送日目安 5日後~
在庫数 1点
次回入荷予定 未定
カット番号 26
サイズ 高6.7㎝、径8.0㎝