伝統のさまざまな文様
矢来に魚子文 矢来に魚子文矢来で囲ったひし形の中に、さらに細かい矢来を均等に施し、薩摩切子の代表的文様と言われる魚子文を施す。細かいカットの面が輝く様が魚の鱗のようであり、また海面に光輝く小魚の群れのようでもあることから、魚子の名がついたといわれている。
ダイヤ型の中にイチゴの表面のようなカットが施されていることからストロベリーダイヤモンドともいわれている。

これは(株)島津興業 薩摩ガラス工芸のページです。本ページの全ての文章・画像の著作権は島津興業に帰属します。よって、無断で転載・複製することを禁じます。

Copyright ©