伝統のさまざまな文様
亀甲文 亀甲文色ガラスを玉状にカットし、六角形で繋ぎ合せる。
玉カットした部分は「ぼかし」の技法が充分に生かされていると共に、対面を透かし見ることができ、奥行きある空間を感じる。六角形で繋がったカット面が亀の甲羅のようであることから、亀甲の名がついたといわれている。

これは(株)島津興業 薩摩ガラス工芸のページです。本ページの全ての文章・画像の著作権は島津興業に帰属します。よって、無断で転載・複製することを禁じます。

Copyright ©