伝統のさまざまな文様
ぼかし ぼかし薩摩切子は透明なガラスに色ガラスを2〜5mm位に厚く被せ、これにカット(切子)をすることにより、その境を曖昧にしてぼかし(Gradation)をだした被せカットグラスです。斉彬公時代の薩摩切子は酸化鉛(PbO)を45%含んだクリスタルガラスですが、復元にあたっては食品衛生法に基づき含有量25%に改良致しました。

これは(株)島津興業 薩摩ガラス工芸のページです。本ページの全ての文章・画像の著作権は島津興業に帰属します。よって、無断で転載・複製することを禁じます。

Copyright ©